自然素材へのこだわり

  • 自由設計・注文住宅
  • リフォーム事例
  • モデルハウスのご紹介
  • リフォームメニュー
  • 水回り・内装
  • 外壁・屋根
  • 外構・エクステリア
  • ハウスホスピタルとは?
  • ハウスドクター紹介
  • おススメ!分譲住宅
  • ハウスドクターのコラムはこちら
  • 現場監督・現場作業員正社員募集中 recruit
  • ご相談からの流れ
  • Q&A
  • スタッフ紹介

前田建設の自然素材へのこだわり

前田建設の自然素材へのこだわり

当社では桧の柱や土台、杉やパインの無垢板などの自然素材を独自のルートで入手したり、自然素材の土壁を扱う日本伝統の工法で設計をするなど、自然素材にこだわった家づくりをしています。
家とそこに住むご家族の健康を保つ「ハウスドクター」として、自然素材の特性を生かした家づくりを行い、住まい手の満足と安心・安全の品質確保をお約束しています。
注文住宅や自然素材を活かした家づくりをお考えの方は、飯塚市・嘉麻市を中心とした筑豊地区で35年以上の歴史を誇る当社にお任せください。

自然素材の家とは

前田建設の自然素材へのこだわり

お客様の大切な家の仕上げ材として、無垢の木、珪藻土、漆喰や和紙などの自然素材を使った家を、自然素材の家と呼んでいます。
自然素材ならではの温かな風合いや色が楽しめる点や、建て替え等で焼却しても自然に還すことができる「エコ」なところに多くのお客様からご好評をいただいています。

自然素材の家のよいところ

素材感

自然素材の一番の特徴といえば、その素材感です。無垢の木材を使った床は、見た目も色もやわらかで、夏に素足で歩いても合板フローリングのようにペタペタ吸い付くような感触がなく、さらりと気持ちのよい肌触りです。冬場も足元がひんやりすることがありません。

無垢材の優れた機能

無垢材はとても優れた調湿機能を備えています。夏は湿気が多く、冬は空気が乾燥しがちな、湿度変化の大きい日本の気候でも、一年を通して快適に過ごせます。24時間稼働の換気システムで乾燥しがちな、近年の高気密高断熱の住宅でも、自然素材の調湿作用で乾燥しすぎることはありません。珪藻土や漆喰などの左官壁や紙クロスは、調湿作用に加えて清浄作用もあり、室内のいやな匂いを吸収してくれて、室内を常に快適な環境に保ちます。

癒やし効果

無垢材が持つ木の香りに含まれるフィトンチッドによる森林浴効果や、珪藻土の塗りムラからつくり出される微妙な陰影によるあたたかみを感じることで、日々の精神的な疲れを癒してくれる、心安らぐ家となることでしょう。

長い目で見ればけして高くはない、自然素材の家

前田建設の自然素材へのこだわり

「自然素材がよいことはわかっているけど、費用がかかる」と思っている方、ちょっと待ってください。住宅という、長い年月をともに暮らしていく物として考えれば、けして高くはないのです。

通常の新築住宅は?

通常、クロスや合板のフローリングは10年から20年で劣化していきます。クロスがめくれてきたり、見栄えも悪くなります。すると、リフォームを考える必要が出てきます。そして、リフォームは新築よりも手間がかかる分、単価が高額になりがちです。

自然素材の新築住宅は?

一方、自然素材は、基本的な手入れをしていればリフォームの必要性はほとんどありません。万が一傷つけてしまった場合でも自分で補修することもできます。

また、自然素材の家には、住んでみて実感できる快適さがあります。調温・調湿の効果がありますし、環境によっては冷暖房をほとんど必要としない家もあるので、エアコンなどの光熱費も節約できます。ストレスのない環境で生活することは、お金には変えられない価値があると思いませんか?

お問い合わせはこちら