コラムvol.3 怪我と病気

  • 自由設計・注文住宅
  • リフォーム事例
  • モデルハウスのご紹介
  • リフォームメニュー
  • 水回り・内装
  • 外壁・屋根
  • 外構・エクステリア
  • ハウスホスピタルとは?
  • ハウスドクター紹介
  • おススメ!分譲住宅
  • ハウスドクターのコラムはこちら
  • ご相談からの流れ
  • Q&A
  • スタッフ紹介

コラムvol.3 怪我と病気

※見出しをクリックすると詳細が開きます。

「怪我と病気」

コラムvol.3 怪我と病気

日頃、私達人間が病院を利用するのは、体調に異常がある場合に正常に戻す手段として病院を利用するのですが、昔からお金が必要であり高額である事が問題になっていました。
現代では色々な方面から見直され改良と改善を重ねて一般人でも老人でも気軽に利用できますが、昔は特別な種類の人間としての上層階級でなければ医者に診てもらう事など出来ませんでした。つまり、貧困な庶民には縁のない所でした。
第二次世界大戦により日本国敗戦で以前とは全く違った考え方や医学の進歩によって全世界と供に変わって行きました。
経済の成長と共に、又医学の進歩は目を見張るものがあり、生命の大切さや家族の絆と言った人間関係も大変な進歩を遂げてきました。それと共に経済も向上し病院の施設普及と保険制度の確立などにより、誰でも病院を利用しやすいものへと進歩してきたのです。
病院が何をするのか疑問に思う事はなくなってきた現在は、何でも受け入れる事が出来る便利施設になっています。つまり怪我も病気も一緒みたいな考えの人間が非常に多いのです。

怪我と病気の違い

怪我と病気の違い

では、怪我と病気は違うのか?と考えた時に、じゃあ怪我と病気は一緒なのですか?同じものとして考えているのか疑問が出てきます。実は、同じものではないのです。 怪我とは外傷がほとんどで事故によるものが大半です。これは家で言うならば、災害や事故による破損を指す事と同じです。通常部分的な損傷で手当てをすれば元に戻る症状であります。
回復までに大怪我の場合は相当な時間が必要ですが、傷の度合いが低ければ短い時間で回復する事になります。
病気とは病(やまい)性質を含んだものであり心の怪我なども言われます。
又、長期に渡って治療が必要なものが多い様です。又、回復に至っても完治には中々至らず再発の可能性が高く、
症状も広範囲となって原因不明のものがあり怪我の様な外傷ではないので治療方法が見つからない事もあるのです。
この様に病気については原因や治療が不明なところとは家についての病気とは何か、またどこかとなります。

原因を追究することの大切さ

原因を追究することの大切さ

まだ理解できていない人の為にもう少し説明をしましょう。
この病気と怪我についての違いを知る事は、何が原因かを追求しなければ治す事が出来ないと云う事なのです。
もちろん症状は同じ様に見える事もあり病気なのか怪我なのかもわからないものがあります人間は感情に左右され家には感情がありません。
そこで、家としての機能が削がれる傾向としては怪我の部類が家に与える病状となります。
人間は感情による損傷に大きく反応し、悪化すると病気になる原因が多く、その病気によっていろいろの内臓や神経系統に支障を来たすのです。
家の場合は怨念や因縁の様なオカルト的考えを廃除すれば、感情なき症状の原因は簡単に発見でき、治す事も早く完治する可能性が高いのです。又、治療の段階が早い時機程、軽くて済む事になります。

お解り頂けましたでしょうか?
これからは、家の怪我や症状にはどんなものがあるのか具体的な解説を行ってみます。

ハウスホスピタルについて

自由設計・注文住宅はこちら

分譲住宅のご紹介はこちら

お問い合わせはこちら