筑豊地区の注文住宅お役立ち情報|筑豊地区(飯塚市・嘉麻市・田川市・直方市)で自然素材にこだわった注文住宅なら前田建設(株)へ

  • TOP > 
  • 筑豊地区の注文住宅お役立ち情報
  • 自由設計・注文住宅
  • リフォーム事例
  • モデルハウスのご紹介
  • リフォームメニュー
  • 水回り・内装
  • 外壁・屋根
  • 外構・エクステリア
  • ハウスホスピタルとは?
  • ハウスドクター紹介
  • おススメ!分譲住宅
  • ハウスドクターのコラムはこちら
  • 現場監督・現場作業員正社員募集中 recruit
  • ご相談からの流れ
  • Q&A
  • スタッフ紹介

筑豊地区について

筑豊地区について

福岡というと博多や天神、北九州が有名ですが、福岡県は大きく4つのエリアに分けられます。
福岡地区、北九州地区、筑後地区、そして筑豊地区です。
筑豊地区は、福岡・北九州両都市圏の間に位置します。
そのためどちらにもアクセスしやすく、川や山などの自然に恵まれた環境です。
過去には炭鉱で栄えた町で、現在は閉山していますが、伝統が残る地方都市として昔ながらの暮らし・街並みが特徴的といえます。

筑豊地区はこんなところ

筑豊地区はこんなところ

筑豊という地名の由来は、江戸時代までの地域名の頭文字をとったものだそうです。
現在でいうと、おおよそ福岡県の北部にあたる地域を筑前国、おおよそ大分県の北部にあたる地域を豊前国と呼んでいました。
この筑前国と豊前国を挟んだに内陸部の盆地一帯が、筑豊地区と呼ばれるようになりました。
そんな筑豊地区ですが、過去には炭鉱で栄えた町として賑わっており、鉱夫さんが甘いものを好んで食べたため、実はお菓子屋さんが多いんです。
「チロリアン」や「南蛮往来」など、福岡で有名なお菓子発祥の地でもあります。
現在は石炭産業の衰退や少子高齢化などの課題もありますが、地域が一丸となり農産業や自動車産業、教育などに力を入れ、地域の活性化を図っています。

筑豊地区の住みやすさ

筑豊地区の住みやすさ

筑豊地区は自然が豊かな反面、寒暖差が激しく、場所によっては交通の便が乏しい為、車があった方が生活しやすいでしょう。
その分、他の地域と比べると全体的に坪単価が安い土地も多いため、家づくりをする際の候補地としてはうってつけです。
地域での子育てネットワークが充実している他、「つどいの広場」という高齢者と子どもがコミュニケーションを取る場もあるため、子育て世帯と高齢者世帯、どちらも生活しやすい環境といえるでしょう。
また、同じ筑豊地区の中でも、各地域ごとに以下のような特色があります。

飯塚市

飯塚市は、筑豊地区の中でも交通の便が便利な地区です。
飯塚駅から博多駅までは電車一本で40分程、車なら福岡市も北九州市も1時間以内で行けます。
中心部はコンビニやスーパーなども充実していますが、一方で中心部から離れると山や川などの自然と共生する生活をすることもできます。
求めるライフスタイルに応じた生活が出来る地域と言えるでしょう。

飯塚市の注文住宅お役立ち情報はこちら>>

嘉麻市

嘉麻市は、飯塚市に隣接する市です。
過去には全国を対象とした住みやすさランキングで上位を獲得したこともあり、坪単価が低いので他の地域よりも家づくりの敷居が下がります。
人口に対して病院や学校が充実している反面、交通の便が発達しておらず、お店やスーパーも少ないため、主な移動手段は車となるでしょう。
また、寒暖の差が激しいですが、自然豊かでキャンプ場や牧場など、観光地としても徐々に発達しています。

嘉麻市の注文住宅お役立ち情報はこちら>>

田川市

田川市は、筑豊地区の中でも福岡市より少し北九州市寄りに位置する都市です。
炭坑節発祥の地でもあり、昔ながらの伝統や自然を生かした街づくりが特徴的です。
現在は、全国でも有数のお米の産地として有名です。
また、ご近所で家族ぐるみの付き合いが多く、子育て支援の制度や介護施設も充実しているので、子育て世帯は勿論、高齢者世帯でも安心して暮らせます。

田川市の注文住宅お役立ち情報はこちら>>

直方市

直方市は、飯塚市、田川市と並んで筑豊三都に挙げられている都市です。
筑豊エリアの中でも飯塚市と並んで栄えている地区といえ、スーパーやコンビニ、イオンモール直方など商業施設が充実しているので、生活する上で大きな不便はないでしょう。
北九州市や福岡市へのアクセスも良好で、車だけでなく筑豊本線も利用できるので、周辺都市にもアクセスしやすいのが特徴です。

直方市の注文住宅お役立ち情報はこちら>>

お問い合わせはこちら